スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
豊かな秋になりますように~♪
暖かい日差しに包まれて
爽やかな風に触れながら
穏やかな今日の時間が流れる中、

季節は
山の向こうから
ゆれる田んぼの隅から
私達を実りの秋に導いてくれる。

過ぎ去る時間の流れの中、
‘人は誰もしも心の中に
 悲しみの種と幸せの種を
 持っているかも’っと
今日の映画を見てふっと思う。

心の扉を開き、
悲しみを乗り越える勇気と
幸せの花を沢山咲かせる
素敵な出会いが皆様と共にする

豊かな秋になりますように
静かに祈って見る。
スポンサーサイト
【2007/09/28 14:48】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
留まる所の大切さ~★
秋の爽やかな風に触れながら
今日、本で出会った素敵な言葉を
皆様と分け合いたいと思います。

留まる所の大切さを知ることは大事である。
 例え、それが場所でも人でも
 自分が只今立っているその居場所、
 自分が出会っている只今のこの人が
 自分の生涯のつなぎ橋になる大切な存在からである。
                          チェ ミョンヒ

【2007/09/25 15:30】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
内臓のジョギング^^~♪
大統領の主治医だった
ゴ チャンスン博士は笑いを
‘副作用のない1等抗がん剤’
だと言ったらしい。

波顔大笑は
呼吸数と脈拍数を上昇させる
体操と同じ役割をするらしい。

また、笑いは
体の隅々まで酸素を送り
横隔膜を大きく動かせて
血の流れをよくするため
‘内臓のジョギング’だと
称したらしい。

彼は
普段全ての力を出し切って
笑いの練習をすることを
我々に助言してくれたらしい。

【2007/09/23 01:45】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
いまだに猛暑!?
9月下旬に入るのに
何だか真夏に
負けないような猛暑を浴びながら
落ち着かぬ心を
聖書の御言葉で慰めながら
皆様と共に主の御恵みに触れたいと思います。


詩篇1

いかに幸いなことか
神に逆らう者の計らいに従って歩まず
罪ある者の道にとどまらず
傲慢な者と共に座らず
主の教えを愛し
その教えを昼も夜も口ずさむ人。
その人は流れのほとりに植えられた木。
ときが巡り来れば実を結び
葉もしおれることがない。
その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。

神に逆らう者はそうではない。
彼は風に吹き飛ばされるもみ殻。
神に逆らう者は裁きに堪えず
罪ある者は神に従う人の集いに堪えない。

神に従う人の道を主は知っていてくださる。
神に逆らう者の道は滅びに至る。
【2007/09/20 11:54】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
3連休を迎えて~♪
雨が降ったり止んだりする
お天気の中、3連休を迎えて
家族でのんびりと悠々な
楽しい時間を過ごした。

久しぶりに4人揃って
教会に行ったり
雨の日に懐かしい味の
カボチャのチヂミを
作って美味しく頂いたり

ごろごろ寝坊の後パパと
打ちぱなしゴルフに出掛けたり
雲がかかっている山道を
ドライブして温泉に行ったり・・・

処々で年寄りの方々に出会うたびに
時間の速さと虚しさを感じつつ
今この瞬間の大切さに自分を振り向かせ
充実で楽しい日々を刻みたいと思う。









【2007/09/17 23:48】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
深まる秋を感じながら~★
山から吹いて来る
涼しい風を感じながら
深まる秋を感じる。

澄んだ青空を眺めながら
心の慰めと共に
深まる秋を感じる。

一日一日経つ時間の中
来る敬老の日を迎えながら
人生の秋を考えて見る。

そして人生の
終点である天国に向かって
こつこつと自分らしき
毎日を歩んで行く。








【2007/09/17 00:00】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
歩くことは~♪
歩くことは
全ての感覚の器官の毛穴を
ぱっと開いてくれる
能動的な瞑想法である。

歩くことで
秩序のない世の中が
投げかける義務から
逃れることは出来ないけど、

歩くことで
考え方を鋭く磨いたり
好奇心を保つチャンスを
得ることが出来るはず。

歩く人は
時間を左右出来るし
決して時間に拘束されない。
        ダビドルブルトン
【2007/09/14 22:27】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
心の中の雑草は~?
一人の哲学者が
弟子達に最後の授業で質問した。

「どうすればこの野原の雑草を
全部除去できるかな?」

弟子達は適当に答えた。
「土を掘り起こした方がいいです。」
「全て燃やしてしまえばいいです。」
「根子こと抜いた方がいいです。」

首を振りながら師匠は言った。
「ではそれぞれが言った通りに
 自分の心の中の雑草を取り除きなさい。
 もし出来なかったら
 1年後この場所で再会しよう。」

心の中の雑草で悩み続けた弟子達が
1年後その場所に行って見たら師匠の姿はなく
次の言葉が書かれてあったそうです。

「野原の雑草を除去する方法はたった一つ!
 それはその場所に穀物を植えることである。
 同じく心の中の雑草は
 善意を持って何かを実践する時
 やがて取り除く事が出来る。」
【2007/09/13 00:20】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
イエスを知る喜びは~♪
イエスを知る喜びは
感謝の喜び
愛で満たされる喜び
恵みと出会う喜び

イエスを知る喜びは
謙虚な奉仕の喜び
無限の許しの喜び
自分を一番自分らしく
立たせる本当の自由の喜び

イエスを知る喜びは
隣の人と分かち合える喜び
限りない慰めの喜び
迷う人生の永遠の救いの喜び
【2007/09/11 00:51】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
今を逃さず!♪
2学期が始まり、
眩しい朝日を浴びながら
笑顔で登校する道辺の子供達の
清清しい笑顔が輝かしい。

何日間も夜遅くまで机と向き合って
将来と繋がる自分の道を
こつこつと進んでいる
息子の背中を見ながら、

何だか少しでも
力になりたい気持ちで
作ったり、揃えたり
今日も心が走る!

次々と現れる新たな壁を
あきらめず冷静に
向かい挑む子供達の姿に
今日も感謝と応援で胸が一杯!
【2007/09/07 00:27】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
一本の木を植えることは~♪
子供達の2学期が始まり
何だか忙しくてばたばたの
一日だったな~

そんな隙間に読んだ本を
ここでチョッピリ紹介しま~す。

<一本の木を植えることは>

一本の木を植えることは
命に‘はい’と答えることである。

一本の木を植えることは
過去に対する我らの借りを認めることである。

種は決して無から創造されてない訳で
一本の木を植えることは
自然に同参することである。

一本の木を植えることは
過去の過ちに対する
悲しみのしるしである。
               シモンス

       


【2007/09/03 23:59】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月の入口で~♪!
ゴルフ界の世界ランキング1位
タイガーウッツのお父さんであるオルウッツは
息子の一番の親友でありながら
精神的師匠でもあったらしい。

息子が生まれて
病院から退院後
彼は二つのことを始めたらしい。

一つは息子の部屋でのジャズ音楽の演奏
もう一つは赤ん坊の息子に
お話を聞かせてあげることだったらしい。

「パパは君を愛しているよ
 だからいつも君のそばにいるのよ
 パパは君を誇りに思うよ
 幸せな人間に成長するのよ」

そして彼は息子を
ただゴルフのチャンピオンではなく
いい人間に育てるように努力し
息子が自らゴルフが好きに
なれるように自由も与えたらしい。

朝晩涼しげなむしの泣き声を
耳にする9月の入口で
トキメキと努力と実りのある
充実な秋を描いて見る。
【2007/09/01 00:40】 | 店長の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ナノ化粧品の「ナノシスジャパン」店長日記


ナノシス化粧品の通販サイト「ナノシスジャパン」を運営管理する店長のシンちゃん♪の素の日記です。ショップではできないお客様とのコミュニケーションの場として運営していきたいので応援してくださいね♪

プロフィール

シンちゃん♪

Author:シンちゃん♪
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。